バスタオルを長持ちさせる方法

バスタオルとは、入浴後に体をふく幅の広いタオルのことです。入浴後の体に付着した水分を吸水する必要があり、吸水する水分量が多いため、ハンドタオルやフェイスタオルに比べて厚手の物が多いのが特徴です。普段、タオルのことを意識することなく使用している方も多いかと思いますが、タオルにも正しい使用方法は存在します。その中でもバスタオルは、毎日使用するものですので、できる限り長持ちさせたいものです。タオルの交換時期は、臭いが出始めたり、吸水性が無くなってきたりした時ですが、使用方法が正しければ長持ちさせることが可能です。
まず、タオルの洗い方ですが、柔軟剤の量には注意しましょう。



柔軟剤は、タオルのソフトな感触を維持するのにとても効果的なものですが、頻繁に使用すると、タオルの吸水性が悪くなってしまいます。


特にバスタオルは吸水性が重要になってきますので、使用回数はほどほどにしましょう。また、柔軟剤には繊維をほぐす性質があり、毛羽落ちが発生することもありますので使用する量にも注意が必要です。
次に、タオルの乾かし方ですが、この時が一番タオルの柔らかさを保つのに重要な過程です。


洗濯機で洗い終えた後や手で絞った後に、両手でしっかりとタオルを横長に掴み振ることで、生地の表面に出た毛羽を開かせます。
なぜ横長に掴むのかというと、縦長に掴んで振った場合、タオルの端部分に隙間が出来てしまうためです。


振り終えたら、あまり力を入れ過ぎず四方に伸ばし、シワやゆがみを直してから干してください。以上が、タオルを長持ちさせるための方法です。

特徴のあるGirls Channelに関する予備知識が満載です。

できる限り良い状態のままバスタオルを使用するために、ちょっとしたことを意識するだけで変わりますので、ぜひ実践してみて下さい。